預かりワンコの日記


by purinichigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

全てはつながっている

先日、朝日新聞の広告に

『犬を殺すのは誰か』という本が掲載されていました

これはAERAで何度か犬や猫の処分などに関する記事を書いてくださった
AERA記者であります大田匡彦さんが書かれたものです

AERAの記事と重複するところもあるのですが、
現在の日本のペット産業に関する内容です

ペットショップで買った我が家の「ぷりん」
子犬の頃に、こんな辛い思いをしてきたのかと思うと涙が出ます

やっぱり、間違っていることは直していかないといけないと思います

だって、「命」にかかわることなんですから…


「むやみに動物を痛めつけたり殺してはいけない」
という幼稚園生でもわかるような
単純なことを、もっと真剣に考えていく必要があると思います

あとがきに大田さんは中野孝次さんの言葉を引用してらっしゃいます

『犬もまたこの地球上に生きる一つの命である。
しかも何千年来の人間の親しい友である。
そのしたしいいのちへの想像力共感を失うとき、
人は人としてダメになってしまうにちがいない』

犬?猫?そんなの関係ない!
仕事もろくにないっていうのに、そんなこと考えてられるか!

そういう声も聞きます

でも、本当にそうでしょうか?

私は違うと思います

周辺をみてください
犬を猫を”きちんと”飼っている方というのは
子供もきちんと育てています

犬を猫をブランド品のように”物”扱いしてる人は
子供も”ブランド品”のように育てています


そんな、犬だからどうでもよくて、子供だからしっかりと…なんて
分けられるわけがありません

犬や猫が大切にされている社会は
お年寄りや体の不自由な方、みんなに優しい社会であるはずです


全ては繋がっているんだと思います

そこに気づいてしまったから、私はこの活動を細々と続けているんです

犬を殺すのは誰か

犬を殺すのは誰か

価格:1,260円(税込、送料別)


by purinichigo | 2010-09-22 17:12 | その他