預かりワンコの日記


by purinichigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

・・・ねばならない


昨日、コンタ(元コロッケ)が年末の旅行に備えて
POOCHさんにお泊りの練習に来るというので、
なずなさんの散歩がてら会いに行ってきました

でも、カメラ忘れた・・・汗

コンタはとーーーーーーーてもビビリな子でした
散歩なんてとんでもない!!!
カッチカチにかたまって動きませんでした
家の中でもササササーーーーーーと忍者のようにしてましたよ(笑)

そして、譲渡後はパパさんとママさんの深~~~~~~~い愛情のおかげで
散歩もできるようになりました

しかし、頑張りすぎちゃったかな?
逆戻りした時もありました

その時はコンタのペースに合わせてあげましょう
散歩が嫌ならしばらくは様子をみて、行かなくたっていい
ドッグランが辛そうなら回数を減らしたっていい
コンタが安心できることだけしてみてはいかがでしょうか?

とアドバイスさせて頂きました

たまたまそのアドバイスが当たった(笑)らしく
いい具合に太ったし、他のワンコにも興味を持てるまでになっていましたよ

この「なずな」さんとも挨拶できていましたから^^v

まさに、パパさんとママさんの深い愛情です!!!

e0002891_80046.jpg


そして、沢山の応援物資を頂きました!!!
ママさんのお姉さまからトマトゼリーを頂きました~♪
冷蔵庫に冷やしたので、今晩いただきまーーーーーーす



コンタに会って帰ってきて
他の子の散歩に行こうと思ったら、また雨が降ってきてしまい
仕方ないからボーーーっとテレビを見ていたら、

おっぱい先生と呼ばれている母乳育児を応援している
愛知県の先生の番組がやってたの

ある24歳の若いお母さんが母乳で育てたくてその病院を訪ねるんだけど、
乳首の形や、赤ちゃんの舌の付き方でなかなかうまく飲めないの

お腹がすく赤ちゃんはうまく飲めないもんだから癇癪おこして泣いちゃうし、
お母さんも悲しくて涙が出ちゃう

舌の付き方を治す手術をしたけれど、ダメ
(これは将来発音にも影響するんだそうです)

自分がいけないんだ…
みんなは普通に飲めてるのに、なんで私たちだけできないの…
授乳室に行くとみんなは普通に飲んでるのに、
この子だけはカバーをつけないと飲めなくて恥ずかしいし可哀相…

恥ずかしいことなんてこれっぽっちもないし、
きっとミルクを飲んでる子だっていたのに見えてないんだよね

そう言って自分を責めてるんだよね



こう見えて私も母乳で姉ちゃんを育てました
(あ!驚いたでしょ?今疑ったよね?)

e0002891_8525456.jpg


最初はね、「単純に母乳で育てたい」
それだけだった
でも、段々と
「母乳で育てなければならない」になっていっちゃうんだよね

私も25歳で産んだので、まだ自分が子供だったこともあると思うのだけれど、
一生懸命なんですよ ほんとに
(まだ真面目だったのね…わたし)

今、当時の姉ちゃんの写真を見るとね、ブタみたいに太ってるの
太ももなんて小錦みたいなわけ
ブタですよ!ブタ!
今どきあんなブタみたに太った子見かけない…汗

でも当時は、足りてないんじゃないか?
(オッパイには目盛りがないからね…汗)
あまり寝ない子だったから、お腹すいてるんじゃないか?
とか不安になるわけ
ミルクを飲ませるものの、姉ちゃんはこの番組に出てくる赤ちゃんと逆で
哺乳瓶の乳首が嫌いでベーーーって舌で押して口に含んでくれない

ほんとに頭の中がオッパイのことでいっぱいになっちゃうの…


このお母さんに
「母乳で育てたいよね。でも、育てなければならないわけじゃないかもよ。
カバーつければ飲めるんならそれでもいいんじゃないかな?」
って言ってあげられる人が近くにいたらいいのに…

って思った

「母乳で育てたい」から「母乳で育てなければならない
になってしまっていて見ていて辛かった
痛いほどにお母さんの想いがわかる

母乳育児を応援するのもいいけれど、
「違ったっていい」ってことをあのお母さんに言って欲しかったなぁ~

結果、赤ちゃんはお母さんのオッパイを飲めるようになった
心から「よかったね…」っておもって涙が出た


「母乳がいいよ」 「ミルクの方がいいよ」 
って周りで言うのは簡単なんですよ
でも、ぶっちゃけどっちでもいいんですよ!!!
お母さんが元気で子供をカワイイ~って心から想えたら…

もちろんカワイイって思えないときもあるのよ


この先も、寝返り打てない、ハイハイできない、コトバが出ない
色々なハードルが現れるわけ
でも、そのハードルって実は自分でつくってたりするんだよね

だから、よく子供を観察して、かわいいなぁ~って想えていたら
大丈夫なんだと私は思います

細かいことはぶっちゃけどっちでもいいの!

と、私は思います

っま、そう思えるようになったのも、
先輩ママの、ポンママだったり、人生経験積んだママ友達のゴロコミちゃんだったりが
都度助けてくれたから気づいたんだけどね


子育て中のママさんは忙しくてこんな犬ブログ見てないと思うけれど、
たまたま見てたら、そう伝えたいです

『一番かわいくて楽しいときに小さなことで悩むのはもったいないよ』って…

「ねばならない」ことなんて、実は本当に僅かだからね


『いい加減』って大事よ~
いい加減=無責任ではないですからネ

『いい』を漢字変換してみて!
『良い』とか『好い』とかって出てくるよ^^




そして、

「笑顔でなければならない」なんてこともない
泣いたっていいし、クヨクヨしたっていい
だから神様(仏様?)は「涙」を与えてくれたんだと思うし…


e0002891_8534356.jpg



『なずな』さんがお世話になってるトレーナーさんもいつもおっしゃいます

「こうしなくちゃいけないなんてことは何ひとつないよ。
色々試してみていっぱい失敗してみればいいんだから。
してはいけない失敗は犬をつぶしてしまうことだけ。
(感情を魂を抜いた犬にしてしまうこと)
犬をかわいがってさえいたらつぶすことなんてないから…」

犬と子供を一緒にしてはいけないのかもしれないけれど、
共通していることって沢山ありますね

日々勉強です^^
by purinichigo | 2010-11-01 08:55 | その他