預かりワンコの日記


by purinichigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

咲いた

泣いたっていう記事をなぜ載せたのか…

普通恥ずかしいですもんね

それは、もしかしたら、
ほんとは泣きたいって方、いっぱいいらっしゃるんじゃないかと思ったのです

被災地では、子供ですら泣けない環境なんでしょう
大人に心配させまいと笑顔でいるのでしょう
あまりの恐さに泣くことすら忘れてしまっているのかもしれません

巷では、
「頑張ろう!」「がんばれ!」「元気だそう」「笑顔を」

ポジティブな言葉が溢れています

もちろん、それも大事です

これからも、私たちは生きていくのですから…

しかし、一度わーーーーーって泣いて
負の感情を涙と共に流せるだけ流して
胸の中にある不安や、もやもや、恐怖を少し減らしてみるのも
いいような気がしました

大人だって泣きたい
ご自身を癒してもいいと思うのです
(子供には見せたくないですが…)

泣くことって案外難しかったです
泣きたくても、子供のように泣けないもんです

傷が深ければ深いほど泣けないのかもしれません

でも、一旦涙が出始めてたら、次から次へと出てきました

そしたら、胸に溜まっていたものが
大分スッキリしました

心の中からポジティブになってきました

落ち込んだとき
顔を上に向けて目線を上げて、ニッコリ笑うと気分がよくなります
脳ってそういうもんみたいです

でも、今回の災害はそんなレベルではないように思うのです

先ず、ご自身を癒してください
被災地の方はそんな余裕すらないでしょう

でも、泣いたっていい
恥ずかしくなんかないと私は思っています





今年、無惨にも枝をバッサリ落とされた
家の前の桜の木

e0002891_1635204.jpg


なんとか、ほんの少しつぼみが残っていました


ふと、足元を見ると

e0002891_1636374.jpg



あれ…


e0002891_16362472.jpg



健気にも一番乗りでほんの2輪咲いていました


桜ってやっぱり素敵だなぁ

きれいなのに、強くて、凛としていて



どんなに寒くて長い冬でも
必ず春は、やって来るんだね
by purinichigo | 2011-03-31 16:47 | その他