預かりワンコの日記


by purinichigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

正式譲渡

早いものですね~
ラテ改めブランが蓼科に里子に行って1ヶ月が経ちました

里親さまより、正式譲渡のメールを頂きました

**********

ぷりんママさま

こんにちは 是非ブランと一緒にいたいと思いますので

手続きがあるようでしたらお手数ですがよろしくお願いします。

家族写真を添付しましたが こんな感じでいいでしょうか?

まだ一ヶ月しか経っていないのが不思議な位 3匹で彼らなりに仲良く

やっています。ブランが来てくれて本当に良かったと思っています。

ぷりんママさんは 素敵な縁結びのエンジェルですね!

e0002891_1757110.jpg


**********

うーーーーー涙
とってもステキな写真ですね!!!
幸せな空気が伝わってきます。。。

ブランいい子にして、いっぱいいっぱい可愛がって頂くんだよ~

雪が解けたら会いに行くからねぇ~!!!
(その前にビッケママがスキーしに行くかもしれないけど…)

パパさんママさん、どうぞ宜しくお願いいたします


**********


実はブランをセンターの最終の部屋から出して欲しいとお願いしたのは
私なんです(威張ってるんじゃないです)
ていうか、どうしても気になってしかたなく、目がはなせなくなった私をみて
maricoさんが出そうか?
って言ってくださったんです

そう言ってくださった瞬間、涙が止まらなくなってしまいました

ブランは確かに私にメッセージを送っていました
『なんで?なんでこんなことするの?ぼくどうなっちゃうの?』
そう言ってじっと私を見つめていました
e0002891_18435520.jpg


その日出したオレオはすぐに赤い糸をゲットし
ラテは我が家の預かりっ子になることになったわけですが、
来るなり、物凄い大きな鳴き声で4時間も吠え続け
ご近所から『どうしたの?』と…
(ちなみに我が家は戸建で、しかもお隣とぴったりくっついているわけではないです)

こっちが泣きそうでした…

すると、物凄い下痢!!!
まさかパルボ。。。

結局その1回だけで、コクシジウムか、ストレスが原因だったのですが、
見えないウイルスの恐怖

私は安易なことをしてしまったのかもしれない
今まで順調に預かりっ子が里子に出て、いい気になっていたんだ
これじゃダメ飼い主と同じじゃないか!!!

預かりとして、自信を失くした瞬間でした
もう預かりをやめよう…そう思いました

どんな子が来ても、どーーーーーんと構えられてこそ
預かりじゃないか!

なのに、大きな鳴き声に泣きそうになり、ウイルスに怯え
これじゃ偽善者だな

って思いました ほんとに…

そして、センターなど普通の状態ではない場所で
その子の本当の姿を見極めるのってとっても難しいです

だからこそ、かなりの覚悟が必要なんです

なのに、その覚悟が私にはなかったんですね きっと…


だから、こうして、
「素敵な縁結びのエンジェルですね!」
なんて言って頂くと正直、心がチクって痛みます


でも、こうして幸せいっぱいのブランを見ると
出したことに後悔は全くありません

私よ、もっと強くなれ!!!

『タフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きてゆく資格がない』
(レイモンド・チャンドラー)
by purinichigo | 2007-01-12 18:45 | 10ラテ