預かりワンコの日記


by purinichigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

企み

以前よりちょっと企んでいたことがあります

どうやったら『不妊・去勢手術』をしてもらえるだろうか?
まだまだ、
「自然のままがいい」 
「可哀相だ」
「自分のうちの子の子供を見たい」
そう言って手術をせず、

発情のストレスを抱え、相手を求めて脱走し事故に遭ったり、
望まない命が生まれてしまったり、
老犬になってから子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、前立腺腫瘍、などで
手術をしなくてはならなくなったり、
自分のワンコに出産させて死にかけたり、

しています


それに、センターへ行くと、

犬や猫を出して里親さんを見つけていく活動は確かにとても大切です

でも、やっぱり捨てられたり、持ち込まれたりする数そのものを減らさない限り
この状態は永遠に続くと思いました

あの莫大な数では
衛生的な環境で、1頭1頭隔離して、そして譲渡…
なんてとても無理です

減ってきているとはいうものの、
昨年千葉県動物愛護センター(富里のみ)に収容された

犬の数は…6776頭
猫にいたっては…8193頭


です

月平均 犬 564頭 猫 682頭
1日平均 犬 18頭 猫 22頭

この数を手厚く保護することができると思いますか?

私はとても無理だと思います
ボランティアが出すのだって限界があります

犬の寿命は10年以上あり、猫はもっと長いのではないでしょうか?
と、すると1頭迎え入れたらその後10年は次の子を迎え入れられない
ということになるわけです(単純計算ですが…)

今世の中も不景気で何頭も飼うのは大変です

それに、どう考えてもこの数は異常です

では、どうすればいいのか?
ずっとずっと考えていました

・ブログなどで伝える
・周囲の人に話す

そして、パネル展などもやりたいな…って思っています

預かりさんのブログなどをご覧くださる方はもうわかっている方が大半

でも、本当はそういうことに全く気づかずにいる人に伝えなければなりません

そんな人はどこにいるのか?

そこで、考えたのは
狂犬病予防接種

ちょうど家の前の公園で毎年狂犬病注射が行われています
そこへは、普段ワクチンなんかは打たないけれど狂犬病だけは打つ
とか、普段散歩などでは見かけない外でつながれて飼われている子
なども来ています

まずは、広報などで調べて近くの公園での予防接種の時にチラシを配ろう!!!
と企んだわけです…

で、問題は 『私』 です…涙

全くチラシなんて作れるはずもなく
んーーーーーどうしたものか…???

と困っていたところ、
友人の金ごんさまが作ってくださいましたよ~!!!感謝感激雨アラレ~

金ごんさまはポンママの地道なPTAでのママさんへの普及活動で
この現状を知って、子犬をセンターから譲渡してもらって飼い始めました

そのチラシがコレ!

e0002891_1064917.jpg


まだまだ、愛護センターって
里親さんを見つけてくれるんでしょう?
処分だって安楽死なんでしょう?
って思っている方が沢山います

なので、まずは写真で訴えかけたかったのです
よくテレビで見るひどい状況は決して他人事ではなく、
自分の住んでいるこの場所の事なんですよ!と

言いたいことは山ほどあって、全てを書こうとしたら、何枚にもなってしまいます(涙)

なので、今回はまず現状と手術の必要性のみです

で、チラシができたものの、これをブログにUPすることが
これまた私には至難の技。。。とほほ

スペシャリストであるkokoさまにお願いしました…

というわけで、結局『他力本願』ってやつです…はい

っま、頑張って配るのはやりますよ!!!

金ごんさま、kokoさまありがとうございました~
またヨロピク♪(←全く反省してない私)

で、私はどうせ『他力本願』な人間です
そのついでと言ってはなんですが、

「まったくしょうがね~な~配ってみるか」
って方が他の地域でもいらっしゃったら嬉しいです!!!


『あたちは やんなぁ~~~~~い』
e0002891_10372698.jpg

by purinichigo | 2008-03-13 10:22 | その他