預かりワンコの日記


by purinichigo
カレンダー

<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

大切なもの

私の甥の電車君

今年2年生になりました

昨年1年生になったばかりの図工の時間

『大切なもの』という題で絵を描いたそうです

すると…電車くんは…

e0002891_1058990.jpg


上の赤い服を着たのが電車君
リードを持っているのがビッケまま
左にいるのがパパ

みんな明るい表情してます^^

家もあって(後ろにあるのが一応家…汗)

いつも散歩の時はオレオが前を歩いていたんですよね~
リードの色もビッケは赤で、オレオは黒

子供って本当に良く見ています

電車くんの大切なものは

」そして「家族」なんですね
家族の中にはワンコたちも自然と入っているんですね
この時には既に亡くなっている「ビッケ」もです

ワンコとの生活はこういう当たり前なことが当たり前になるんですね
by purinichigo | 2010-04-28 11:04 | その他

トレーニング

さて、『なずな』さんですが
元気いっぱいですよ
元気すぎっす(汗)

朝はぽん兄がランニングに連れて行ってくれています
ほんとに大助かり~サンキュ~♪

鳥が大好き!!!

きっと鳥になりたいんだ…と思うくらい鳥が好き

なずな 『わたし鳥になりたいの…♪
e0002891_12423128.jpg


散歩なんてひどいもんです(涙)
フランさんと足して2で割ったらちょうど普通の犬になるのに…笑

このままではとてもとても里子にだせましぇーーーーーん(涙)


以前からずっとトレーニングに興味がありました

それと、我が家では問題なくても、
本当の家族の元へ行くと問題が出たりするのって
やっぱり何か私に問題があるんじゃないか???
って思い始めていました(遅っ!すみません…)

しかし、我が家のワンコはすっかりシニアですし、
イッチーの他犬メスへの吠え以外は特に問題もないので
なかなか学ぶ機会がありませんでした

推定1才
しかもセッター
ハイパーガールの『なずな』さん

ちょうど良い生徒かも?

しばらく一緒にトレーニングに通うことにしました

爺の死もあって、ちょうど良い機会かもしれません

しばらく、難しいことは抜きにして、
どっぷりワンコとの生活を楽しんでみたいと思っています

『原点に戻る』 そんな感じかな

っま、もしかしたらもう1頭預かりしちゃうかもしれませんが
まだ未定です

ぷりんも10歳、イッチーも8歳
2匹との時間も大切にしたいな…と
爺との別れで感じたりもしました

e0002891_1321316.jpg


我が家の2匹を幸せにできていてこそ!
の活動なんだということにも気づきました


トレーニングの様子や学んだことなどを
今後シェアできたらいいなぁ~と思っています


どうぞ宜しく~
by purinichigo | 2010-04-25 12:56 | 29なずな

チャンス

さて、そろそろ通常営業に戻さなきゃね!

いつまでもメソメソしてたって爺は喜ばないし、
帰って来てくれるわけじゃないから…

それに、実際段々元気も取り戻してきました

少し前までは、爺のことを考えると
何て表現したらいいのかなぁ~

心臓がバクバクするような…胸が熱くなるような感じがしていました

でも、今はそれも消えました

それに、『やっぱり老犬を迎えるのは嫌だなぁ~』
なんて思って頂いたら嫌ですから!!!

老犬との生活は本当に楽しいですし、癒されます

別れは必ずやってくるけれど、
それはどの子も同じこと
子犬から暮らすのと同じくらい密度の濃い時間を過ごすことができます

これは本当なのです

ですから、年とったからと捨てたりするのではなく
楽しんでいただきたいなぁ~と思います

捨てたって、嫌なおもいが一生残るだけで、何のメリットもありません

今、私が感じているような幸福感や充実感を味わうことはできないでしょう


そして、もしご縁があったら
老犬にもチャンスを与えてあげてください
あなたと一緒に暮らすチャンスを…
幸せにしてあげてください

必ずあなたも幸せになれます



センターにいた爺は
e0002891_1233412.jpg

こんなんだったけど…


センターにいたコパンは
e0002891_1244465.jpg

こんなんだったけど…


でも二人は絶対自分を諦めなかった

e0002891_1252919.jpg




諦めなければ『笑顔』を取り戻せる

e0002891_1261232.jpg


でも、それには人間である私たちの力がちょっとだけ必要なんです
by purinichigo | 2010-04-23 12:07 | 21チョロギ

感謝

e0002891_8411953.jpg

毎日、どなたかがメールをくださったり

アイス持って来てくださったり、

お線香をあげに来てくださったり、

寂しく過ごさずに済んでいます

みんなに支えて頂いていることに
心から感謝しています


これも爺のおかげだね…♪
ありがとう
by purinichigo | 2010-04-22 08:41

大切に…

まだ爺のケージを片付ける気になれず
最後に着ていた服も洗えずにいます
爺の匂いがまだ残ってる…

ま、その気になるまでそのままにしておこう

ただ単純に爺を触ることができないこと
匂いをかぐことができないこと
話しかけることができないこと

一緒の時間を共有できないこと

ただただ、その事実が悲しい

毎朝、夢だったらいいのに…っておもう

「また会おうね!」って言ったけど
本当に会えるの?
もしも、会えなかったらどうしたらいいの?
もう二度と会えないの?
死んだことないからわからないよ

そんな悲しみに襲われます


私から今言えること

一緒に暮らすワンコとの時間を大切にしてください

ワンコの時間は私たちの人生よりもずっとずっと短いです

犬の十戒にもあるように、
ワンコは自分で読書をしたり、テレビを見たり、音楽を聴いたり

自分の生活をコントロールすることはできません

私たちが「全て」なのです

たった1日留守番したとしても、ワンコにとっては人間の何倍もの時間になるのかもしれません

そうは言っても留守番させないわけにはいかないでしょう

私もいっぱい留守番させちゃった…

後悔しないように時間を作ったつもりでも、
もっと抱きたかった
もっと散歩したかった
もっと…もっと…もっと…
そんな風に思います

だから、へとへとになるまで介護したかった

もういい加減天国へどうぞ…なんておもいがよぎるくらい
介護したかった…

だから、ワンコとの1分1秒を大切にしてください

それが”自分のため”にできることなんだと思います


今はあれこれ考えず、悲しみにどっぷりつかって
涙が涸れるまで泣いて

そして、それから爺の言いつけ通り『笑顔』で生きていこうと思います


悲しみそして、爺との思い出を共有してくださる沢山の方
私の気持ちに何も言わずにそっと寄り添ってくださる方のおかげで
元気に暮らしています
食欲も落ちずに済んでいます
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです
by purinichigo | 2010-04-19 14:07 | 21チョロギ

趣味

なずな 『わたしの趣味は。。。


























なずな 『バードウォッチングです♪
e0002891_1033112.jpg


何時間でもこうして見てるんです(笑)

「なずなさ~~~~~~ん!」


なずな 『忙しいのに…何ですかぁ?
e0002891_10345139.jpg

by purinichigo | 2010-04-17 10:36 | 29なずな

特別な犬

昨日、爺はお骨になって帰ってきました

妹のビッケママが仕事を休んで一緒に来てくれたので
本当に心強かったです

そして、普段から娘のスケジュールは何も確認していないもので…(汗)
(模試の日程とか全部頭に入っているお母様もいるというのに…)

創立記念日で学校休みだったんです!

さすが!爺だよね
ちゃんと選んで旅立ったんだね


死んでしまった爺もとびきり可愛かったけど、
お骨になった爺も可愛かった

お骨を拾う際、どこの骨なのか説明してくださるのですが、

わ~爺の犬歯だね。大きくてしっかりしてて、こんな形だったもんね
爪も前の日に切ったばかりだったから、先が切ったばっかりの状態になってるね

なんて涙交じりに話しながらでした

喉仏もちょっと割れてしまっていたけれど、年齢のわりりにキレイに残っていました

愛おしい

爺の全てが愛おしい

我が家に来てから生えてきた部分の毛も切ってお守りにします
今ごろフッサフサだからちょっとくらいいいよね(笑)


帰って来ると、ぞくぞくとお花が届きました

e0002891_8395285.jpg


凄いね爺!!!
爺はお花が本当によく似合うわよ

まだ、時折涙が止まらなくなるけれど、
お花に囲まれた爺を見てると不思議と元気が出ます

皆さん本当にありがとうございます


一昨日の夜遅く、習い事が終わった、シャンプーボラに参加してくれたコブちゃまから
連絡がありお線香あげたいと…

爺はコブちゃまが大好きで、
抱っこされると、ウトウト寝てしまうほどでしたから

どうぞどうぞ!と…


結局ぽんた一家4人が来てくださいました

ぽんた兄も以前爺を預かって頂いた際に、かばんに爺を入れて
学校に連れて行こうとしたんだった(笑)
その位可愛がってもらったんだよね


私はお風呂上りでビールを飲もうと置いてあったものを
ポンパパに見つかって
その後ビール飲んで、蜂の子食べて(恐っ!)
面白い話をしてワイワイやって

4人が帰る際、最後に…と爺を見ると

そこには、もう魂が明らかに抜けてしまった爺の体が眠っていました

こんなことあるんだね

みんながワイワイ思い出話やら、くだらない話をして笑ってるのを見て安心したんだと思う

とっても不思議な体験でした

小さな老犬の爺は私たち家族にとって
とてつもなく大きな存在で、私たち3人は悲しくて気が狂いそうでした

しかし、ぽんた一家が来てくれたことによって
元気になれました
ありがとうございます

e0002891_854229.jpg



爺は特別は犬ではありません

私たち家族にとって特別な犬ではあったけれど、
本当に普通の犬です

年とってて、病気でハゲてたけれど、極普通の犬なんです(笑)

センターにいる子たちも爺と同じ普通の犬

それを特別な犬にするのかしないのかは、私たち人間にかかっています

あなたのほんのちょっと余った「愛」を注げば、
それはあなたにとって
特別な犬になるんだと私は思います

もしも、皆さんの中に爺は特別な存在だったよ という方がいらしたとしたら
それは爺に「愛」をくださっていたんだと思います

嬉しいね…爺♪


もしも誰かが、何百万もの星の中のたった1つの星に咲く花を愛していたら、
その人は星空を見るだけで幸せになれる。
自分に向かってこう言えるー
「ぼくの花がどこかにある…」
 星の王子さまより ~サンテグジュペリ~


徐々にコメントへのお返事していきます…
by purinichigo | 2010-04-16 09:14 | 21チョロギ

笑顔

爺…いなくなっちゃった

ここに体はあるのに、呼んでも、撫でても、ずっとニッコリ笑って眠ってる


昨晩病院から帰ってきた爺は
苦しそうにしながらも一生懸命生きよう!としていました

酸素ボンベを借りて、簡易式の酸素室を衣装ケースで作り
そこで寝ていた爺

とっても苦しそうだった

14日午前3時前だったと思う
突然苦しみ出した
悲鳴に似たよな声を上げた

何度も何度も…

そして、心臓が止まり呼吸が止まった

が、1~2分するとまた呼吸が始まり、心臓が動き出す

それが3回位繰り返された

その度に泣きながら 『爺!爺!爺!』 としか言えなかった

そこで私は気が付いた
爺は死ねないんだ
このままじゃ死ねない理由があるんだ

4回目また呼吸が始まり、心臓が動き出すと
私は爺を抱き上げ、耳元で

『爺!!!また会おうね!!!また会おうね!!!』

と大声で叫んだ

すると、とっても優しい小さな声で

『クーーーン』と鳴いて
こくり…と静かに旅立っていった

もう戻ってくることはなかった


最期はとってもとっても苦しんだ
でも、亡くなった直後、爺は笑顔に戻った

e0002891_19272023.jpg


爺は最初から最期まで私たちに『笑顔』だけをくれました

爺を見る私たちはいつも笑ってた

爺に会う人たちはみんな笑ってた

子供たち向けのお話会でも、爺の写真を見る子供たちは
みんな 『かわいい~!!!』 と言って笑ってた

だから、最期泣きながら『爺!』じゃダメだったんだと思う


爺また会おうね!って…


毛がフッサフッサでわからなかったらどうしよう(笑)
でも、その大きな目できっとわかる!


今日は友達が爺に会いに来てくださったり、
お花が沢山届きました
ありがとうございます

e0002891_19352823.jpg


そして、爺がニッコリ微笑んで眠っています

爺 『みんな笑顔じゃよ!笑顔!
e0002891_19363832.jpg


明日、爺を荼毘に伏してきます

『笑顔』でお別れできそうにないけれど、
でも、爺がそう望むのなら頑張って『笑顔』で見送ろうと思います


爺はあまりに可愛くて、可愛くて、可愛くて、可愛くて、可愛くて
失った私は気が狂いそうです

でも、爺との約束だから 『笑顔』 を大切に生きていこうと思います


爺 沢山の『笑顔』をありがとう


沢山のコメントありがとうございます
どれだけ力を与えてくれたことか…
心より感謝しております
コメントのお返事はもう少し待ってください
ごめんなさい…
本当に本当にごめんなさい…
by purinichigo | 2010-04-14 19:48 | 21チョロギ

さようなら

3時06分チョロ爺さん旅立ちました

最期の最期までカッコイイ爺さんでした

皆さんパワーありがとうございました
by purinichigo | 2010-04-14 03:21

ありがとうございます

沢山のパワーありがとうございます
心から感謝申し上げます

私はこうしたパワーって100%信じているので、
本当に心強いです
ありがとうございます!!!

爺ですが、
加齢からくる心臓疾患による 肺水腫でした

今まで下痢ひとつすることなく元気だったというのに…

レントゲンを診ると肺が白くもやもや~っとなっていました

現在は利尿剤を投与して少し落ち着いています


まだ呼吸は少し荒く、苦しそうです
朝に比べれば全然楽そうですし、
頭を持ち上げることもできるようになりました

今は酸素室に入れて頂いています
e0002891_18534872.jpg


昨晩は爺のとなりに寝ました(ほとんど寝れなかったけど)

イッチーもずっとそばに居てくれ、
爺が苦しむとそばに寄って行ってクンクンしてくれたりしました

e0002891_18553583.jpg


こんな悲しい顔のイッチーは普段ほとんど見ることがありません
e0002891_18565458.jpg


爺は何を想っていたんだろう

ずっと暮らしていた家族を想っていたんじゃないだろうか…

あの家族の匂いを…温もりを…風景を…そして声を…

そうおもうと泣けてきた

犬ってそういう生き物だよね

辛い時、一緒にいてあげて欲しかった
そばにいてそっと撫でてあげて欲しかった

爺をセンターから引き出した時からずっと
ある意味覚悟はしてきたし、後悔のないように暮らしてきました

でも、もう少し爺と一緒にいたいです

ですから、どうか引き続き、皆さまのパワーをわけてください
お願いします



***頂いたコメントのお返事はもうしばらくお待ちください…***


ブログをUPしたところで、病院より連絡があり、
あまりよくない状態ということなので、これから迎えに行ってきます
by purinichigo | 2010-04-13 19:15 | 21チョロギ